「柔道の神、三船十段」

「柔道」の神様、三船久蔵の動画です


嘉納治五郎が作ったと言われる「柔道」を「実戦で使う」に注力された

「空気投げ」で有名な達人の一人です



先日、あるブラジリアン柔術教室を拝見したところガッカリしました


相手の意識を無視した、人を「物体」かの様に扱う技?と意識


本場ブラジルがなんちゃら言うてましたけど

「柔術の祖は、日本の甲冑を着ての戦闘なんやけどなぁ」

「柔術の先生が、『柔』の要素どこにもないやんか!残念!」と思い

やはり、誤解を恐れず言うなら「ヒクソン・グレイシー」が唯一ホンモノのブラジリアン柔術やなと痛感しました


途中、その先生が生徒さんに

「いくつかある返し技を覚えれば大丈夫です」と言ってのを、つい笑いそうにもなりました


昔、日野先生が仰られた言葉で

「1000の技を持つ流派があるとして、1001個目の技で襲われたら死んでまうで!」

を思い出したからです


そんなこともあり改めて、「三船十段」を思い出し、久しぶりに動画見ました


初見宗家、塩田宗家、日野先生など様々な達人方と同じ様に、この三船久蔵も「力みなく相手と同調」する要素は共通します


そんなことを考えてると

本当に「生命の奪い合い」を追求すると

「人と向かい合う」

「人を感じ衝突しない様にする」

「自分の『我』で行動しない」

という、共通の通過点に辿り着くのだと思います


最近、「武道をやってる人」たちにお会いする機会があったのですが

皆さん、実戦経験の無い「武道愛好家」、人と向かい合うことのできない弱い方ばかりで

そういう方々に共通する「視野が狭く他所に興味を持たない」という、なかなか致命的な問題を持ってます

カルト宗教の信者と一緒です


世の中、色んな人間が本当に山程いて

自分では思いつきもしない発想をする人間がいるのに、他人に興味を持たない!!


今こうして書いて思ったのですが

「他人に興味を持つ!!」

これ、そういえば日野先生も仰られていたし

武道で必要な要素の1つになります



そんな自己完結タイプの多い武道という世界

「そら、なかなか広まらんわな!」と感じつつ

「だったら、尚更こんな日本の宝物『武道』、広めな勿体ない!!」とより一層、燃えてるという話しでした









武ノ風 BUNOKAZE

衰えない身体作りとしても学べる護身術教室です。

0コメント

  • 1000 / 1000